マンションに外装塗装という術をかける~忍法变化の術~

man

再び注目されている

プロに任せるかDIYか

man

壁紙をDIYで交換するのは、今や珍しいことではありません。しかし、家の壁を塗り壁にする場合、プロに任せる人が多いです。塗り壁は熟練のテクニックが必要と思っている人が多いからでしょう。ですが、最近は素人でも簡単に扱える塗料が増えてきました。とくに、珪藻土や漆喰風に仕上がる塗料が豊富になってきています。今後、さらにこうした塗料は増えていくでしょう。となると、DIYで塗り壁を施工する人が増加すると考えられます。また、塗り壁も年数が経てば汚れたり傷がついたりするわけです。メンテナンスをしなければいけません。そのメンテナンスも、DIYでやる人が増えるでしょう。テクニックはインターネットなどで調べることができます。

湿気が多いから

日本は湿気が多い国です。そう言うこともあって、昔の家屋の壁は塗り壁がほとんどでした。しかし、家の内装や外観が洋風化してくると、塗り壁は古臭いもの考えられるようになっていきます。塗り壁の代わりに壁紙が台頭しました。しかし、安価な壁紙はアレルギーを引き起こす原因になることがあります。また、温かみもあまりありません。そう言うこともあって、再び塗り壁が注目されるようになりました。塗り壁は保温性や吸湿性だけでなく、断熱性と遮音性にも優れています。自然素材ですから、身体にも悪影響を与えません。見た目も素朴で味わいがあると言うことで、どんどん人気が高まっています。自分で塗る人もいますが、プロに依頼した方が失敗がありません。